沿革

秩父セメントの誕生、発展

大正11年 1922
・渋沢栄一翁、諸井恒平(初代社長)セメント工場予定地を視察<(工場建設決断) 渋沢栄一翁
渋沢栄一翁
諸井恒平(初代社長)
諸井恒平
(初代社長)
大正12年 1923 ・秩父セメント株式会社創立(1/30)
大正13年 1924 ・武甲山に石灰石鉱山開設(現三輪鉱業所)  操業開始
大正14年 1925 ・秩父第一工場竣工 操業開始  セメント販売開始
昭和31年 1956
・秩父第二工場竣工 操業開始 秩父第二工場貨車バラ積
秩父第二工場貨車バラ積
昭和37年 1962 ・熊谷工場竣工、操業開始
昭和56年 1981 ・武甲山三社協調採掘開始
昭和59年 1984 ・叶山(群馬県)に石灰石鉱山開設(現叶山鉱業所)  操業開始

合併あらたな企業に

平成6年 1994 ・秩父セメントと小野田セメントが合併、秩父小野田発足(10/1)
平成10年 1998 ・秩父小野田と日本セメントが合併、太平洋セメント発足(10/1)
・ISO14001認証取得(環境マネジメントシステム)

分社・秩父太平洋セメント誕生

平成12年 2000 ・秩父太平洋セメント株式会社設立(6/29)
・秩父工場第2プラント、三輪鉱業所、叶山鉱業所の事業を継承し秩父太平洋セメ ントとして事業開始(12/11)
・継続事業[普通セメント・特殊セメント・石灰石]
平成14年 2002 ・タンカル製品生産開始
平成22年 2010 ・普通セメント生産中止、リサイクル燃料事業開始
平成23年 2011 ・秩父アッシュセンター事業開始



上に戻ります
ホーム ホーム 会社情報 事業案内 環境・品質への取組 採用情報 お知らせ リンク お問い合わせ